SEが設計する

SEが設計する

SEの仕事は、システムを作ることです。
その前に、どういうシステムを作るか、という設計図を考えるところからはじまります。
設計図は、依頼された企業(お客様)に向けて書く外部設計と、社内のプログラマに向けて書く社内設計とがあります。
外部設計は、お客様のためのものです。
要望をどう具体化して解決策を見つけたか、どうシステムを構築していくか、ということをわかりやすく書いていきます。
内部設計は、具体的な機能についてです。お客様に説明するまでもない専門的な部分もいれていきます。
さらに、詳しい設計としてどのようなプログラムをいれていけばいいのか、ということもあります。
設計は、全体像から見て、だんだんとより細かい部分について考えながら進めていくと効率的です。